ペットに『マイクロチップ』埋め込むメリットとは!?




現在の犬や猫をペットショップでかうと

ほとんど場合「マイクロチップ」が

埋め込まれています。





マイクロチップとは、

直径2㎜、長さ約8~12㎜の

円筒型の電子標識器具です。


一度体内に埋め込むと

脱落したり消失することは

ほとんどなく、

データが書きかえられることもない為

確実な証明となります。


また、電池が不要で

半永久的に使用することができます。


これまでに、故障や外部からの

衝撃による破損の報告はありません。







埋め込み方法は、

普通の注射針より少し太い

専用のチップ注入器を使って

体内に注入します。


埋め込む場所は、

首の後ろが一般的です。



痛みは普通の注射と同じくらいで、

麻酔薬なども必要ありません。



マイクロチップを埋め込むのは

飼い主として可哀想と思うかもしれませんが

迷子や地震、盗難や事故によって

飼い主と離れ離れになっても、

マイクロチップによって

飼い主のもとへ戻ってくる

可能性が高くなります。


さらに現在は

ペットを海外へ連れいく場合に

マイクロチップが埋め込まれていないと

入国できない国もあります。





~我が家に子犬がやってきた!~





 

コメント

タイトルとURLをコピーしました