イヤホンの使い過ぎでカビ!?外耳道真菌症とは!?

こんにちは、はせです。
今日は、イヤホンを使い過ぎるとなってしまう
『外耳道真菌症』についてまとめました!
外耳道真菌症とは??


 外耳道に、アスペルギルス、カンジダなどの真菌が寄生する病気です。アスペルギルスの寄生が多いものです。
 外耳道の湿潤(しつじゅん)(湿った)状態(外耳道湿疹(がいじどうしっしん)、わずかな耳だれの出る中耳炎(ちゅうじえん)、中耳炎手術後、外耳道への水の侵入など)、耳掃除による外耳道の損傷などが誘因になります。

引用元:
コトバンク

とても怖いですね…
これはイヤホンの使い過ぎでもなるそうです。
やはり、イヤホンを長時間使用すると
外耳が蒸れてしまいます。
そしてカビが繁殖しやすい状態になってしまいます。
さらに擦れもあるため多少なりとも耳を傷つけることになります。
このような状態になり、カビが生えてしまったことを『外耳道真菌症』と呼びます。

症状は耳の痛みや、つまった感じ、耳あかのようなものが付着、粉をふいたようになることがあるそうです。
また、イヤホンなどの長時間の使用はリスクが高まります。
イヤホンの長時間使用はなるべく避けるようにして、夏場は特蒸れるので耳を乾燥させることが必要です。
また、耳掃除などのやりすぎにも注意しましょう!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました