夏の風物詩 「花火大会」が存続の危機

夏の風物詩「花火大会」

今年は各地で中止が相次いでいます。

その背景には様々な問題が…




まず第一にあげられるのが

資金不足です。


地元企業からの提供が少なくなったり、

寄付金が出なかったりしています。


次に、花火以外の

運営費にお金がかかり過ぎていることです。


実は大きな花火大会になると

花火費より警備費の方が

多く費用がかかっているのです。








ここで私たちにもできることは!?


警備費を減らすためにも

まずはルールを守って

花火を見ることでしょう!

これは当たり前ですよね



また、前夜からの場所取りを

無くすために

前夜から警備員が巡回してる

花火大会もあります。


この警備員もなくしていきたいですね



また、ゴミの処理費にも

お金がかかっています。


花火大会ではゴミ箱が

設置されていることが多いですが、

できるだけ持ち帰りましょう!



これからは近くで花火を

見ようと思うと有料観覧場所も

増えると思います。



花火大会を無くさないためにも

ひとりひとりがルールを守り、

花火大会が続いていけばいいですね!






 

コメント

タイトルとURLをコピーしました