名古屋駅にある煮干しラーメン専門店「ラーメン凪」へ行ってきた!感想!

グルメ

 

煮干しラーメン専門店「ラーメン凪」。

関東を中心にして展開しているラーメン店ですが、

名古屋駅の銀時計側にある名古屋驛麺通りにも店舗をもっているということで

行ってきましたので早速「ラーメン凪」をご紹介します!

 

スポンサーリンク

名古屋駅にある「ラーメン凪」の場所

名古屋駅構内の銀時計の方にある名古屋・驛麺通り。
6店舗のラーメン店が並ぶ中、一番端に「ラーメン凪」があります。

割と通路が狭く、この通りが混んでいると店をじっくり見る時間がないので
見逃してしまいそうですが、

この「すごい煮干しラーメン専門店」と書かれた大きな看板を見れば
一目で「ラーメン凪」だとわかると思います。

 

20種類異常の煮干しを使用している、煮干しラーメンを食べてみた!

 

今回は、「ラーメン凪」の定番である煮干しラーメンを注文しました。
値段は850円(税込)でした。

券売機はなく、後払いの形式でした。

平日でも行列のできるお店で、
通路で列に並んで待っていると店員さんがメニューを持ってきてくれて
列に並んでいる間に注文を聞いてくれます。

お客の回転が早く、列に並んでから食べ始めるまで10~15分程度でした。


見た目からでも分かる濃厚なスープ。
一杯あたり70グラム以上の煮干しが入っているそうです。

また、麺は煮干しの味に合うようモチモチの食感になっています。
麺は太めでちぢれてありました。

 

 



もう我慢が出来なかったので早速スープをひと口。

口いっぱいに煮干し独特な味わいが広がりました。

あ~コレコレ!と思いながら麺を食べるのを忘れそうになるほど旨い。

苦みもありつつ非常に飲みやすいクセになるスープでした。

 

麺はちぢれている太麺なのでなかなか”吸って食べる”ということはできませんが

スープと絶妙に絡み、煮干しの旨みが消えることなく食べれました。

 

煮干しメインで忘れがちのチャーシューがまた美味しい

とても柔らかく食べてきたラーメンのチャーシューの中で上位に入るほど

自分好みでした。

 

そして、ラーメンの上に載っている”煮干し”。

ピリ辛の旨辛タレがかかっているので口に入れた瞬間は辛みを感じるが

噛んでいると甘みが出てくる。

この煮干しがとても美味しい。

甘みをぜひ感じてほしい。そしてその甘みがスープとの相性抜群でした。

 

煮干し酢が置いてあった

少し大きめな煮干しが入ったお酢。

店員さん曰くラーメンに入れるそうなので半周程度入れてみた。

煮干し酢を入れると、少しさっぱりした味わいになりました。
途中で味に変化を付けたくなったら入れるのもアリ。

 

「ラーメン凪」のその他のメニューについて

  • 煮干しラーメン 850円
  • すごい煮干しラーメン 1100円
  • 煮干しつけめん 850円
  • すごい煮干しつけめん 1100円
  • 塩煮干ラーメン 850円
  • すごい塩煮干しラーメン 1100円
  • 塩煮干つけめん 850円
  • すごい塩煮干つけめん 1100円

※価格は税込

つけ麺は大盛無料でラーメンはプラス100円で大盛です。

サイドメニューも多少あり楽しめそうですね。

 

おわりに

 

いかがでしたか?

煮干しラーメンは香りや味わいが独特なので苦手と思う方もいますが

僕自身数年前に食べて苦手と感じた一人でした。

しかし、心のどこかで「また食べたい」と思う自分がおり、

久しぶりに食べてみたらとても美味しいと感じました。

クセになりますね!

 

【すごい煮干しラーメン専門店 ラーメン凪】

場所 愛知県名古屋市中村区名駅1-1-4 名古屋駅

営業時間 11:00~22:00 (日曜も営業)

 

ありがとうございました。もし少しでもお役に立てたなら

応援よろしくお願いします!

 


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました