PHP、外部ファイルに書き込み、追加書き込みの方法

PHP、外部ファイルに書き込む方法、追加書き込み。
こちらは既存のファイルに書き込む場合です。
ファイル自体が存在しない場合や
書き込めるファイルが存在するかなどの
分岐はしていません。
一番簡単に書くのなら
$fp = fopen(“ファイル名”,“a”);
fwrite($fp,”書き込む内容(変数可)”.“\r\n”);
fclose($fp);

です。
では少し詳しくまとめます!
$fp = fopen(“ファイル名”,“a”);

このファイル名のところに、
テキストファイルやCSVなど書き込めるファイル名を書きます。
例としては
$fp = fopen(“log.txt”,“a”);

この右側の『”a”』というのにも実は意味があります。
fopenにはモードがいくつかあります。
今回の『a』は追加専用となっています。
他のモードには
『r』読み込み専用
『w』書き込み専用(上書き)
『a』追記専用
『r+』読み書き
『w+』読み書き(既存の内容を上書き)
『a+』読み追記書き

となっています。
今回は、僕自身が「a」というモードを使っていますので
そちらで書いていきます。

fwrite($fp,”『書き込みたい内容』”);

次の行で書き込みたい内容を書いていきます。
こちらのファイルを『a』モードで開いていますので
追加で書き込んでいきます。

追記書き込むたびに改行をするには?

fwrite($fp,$text.“\r\n”);

このように
『”\r\n”』を付け加えます。
こうするとテキストファイルでも改行をしてくれます。
そして忘れてはならない

fclose($fp);

必ず閉じましょう。


ファイルが存在しかつ書き込み可能かどうか確認などは

PHP Manual : http://php.net/manual/ja/function.fwrite.php

こちらに詳しく書かれているのでぜひ参考にしましょう!
ではありがとうございました。

 

運営者から皆様にお願い。

ご利用いただきありがとうございます。

コロナの影響もあり運営が厳しい状況です。
もしよろしければ、下記リンクから当ブログの応援をよろしくお願いいたします。

サポートはこちら


PHP
haseth-blogをフォローする
暇人のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました