Unity、特定のオブジェクトの当たり判定をなくす方法!

Unity
みなさんこんにちは。
今日は、Unityを使ってオブジェクト同士の当たり判定をなくす
とても簡単な方法を書いていきます。
日々便利になり続けていますね。
ありがたいです。
下記で方法のスクリーンショット画像がMacでのものですが、
操作はほぼ同じなのでWindows環境でも参考になるかと思います。
Unityで特定のオブジェクト同士の当たり判定をなくす方法!

01.png

では、今回は、球体を2個準備しました!
「Rigidbody」、「circlecollider」のコンポーネントを追加しました。
では実行してみます。
02.png 
少しわかりにくいですが、実行をすると、
球体が重力で落ちて、球体同士がぶつかり
地面を転がっていきます。
 
03.png

では実行結果が下の画像になるように設定していきます。

20.png

オブジェクトの「Layer」を変更

04.png

inspectorタブから、「Layer」を選択します。 
05.png

「Add Layer…」をクリックします。 
06.png

そして、「User Layer」から新規で
Layerをつくります。
任意な名前で大丈夫です!
これを当たり判定をなくしたいオブジェクト全てに追加します。
一度Layerを作成すれば、複数オブジェクトのLayerを変更する際に
選択欄に表示されるようになります。
(prefubでやれば、半端なく簡単ですが)
Edit->ProjectSettings->オブジェクトの種類で選択

1.png

Edit->ProjectSettings->オブジェクトの種類を選択します。
作成したLayerのチェックを外します。
43.png   
私の場合は、Layer名「ball」を作成したので、
ball-ballのチェックを外します。
外すことで、当たり判定がなくなります!
20.png

これで、実行してみると、当たり判定が消えています!
とても便利です。
様々なオブジェクトを扱っていて、
特定のオブジェクトだけ当たり判定をなくしたいときなどに
とても便利な操作ですね!!
それでは、ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました