Swift「No such module ‘RealmSwift’」エラーが出たときの対処法。

       
  •  

  • カテゴリー: Swift
  • Tags:
 この記事は約2分で読めます。
Swift
皆さんこんにちは。
Realmを使うにあたっていくつか設定しなくてはならなくて
ここの時点でエラーが発生して諦める方もいるはず。

RealmSwiftをimport宣言した際にエラーが発生するときがあります。
no1.png
No such module ‘RealmSwift’
今回は、Realm導入するにあたって発生することの多い
このエラー対処法を書いていきます。

Run Scriptにきちんとスクリプトを入力されているか

no2.png


bash “${BUILT_PRODUCTS_DIR}/${FRAMEWORKS_FOLDER_PATH}/Realm.framework/strip-frameworks.sh”

公式サイトに入力すべきスクリプトが載っています。
https://realm.io/jp/docs/swift/latest/

このスクリプトは一行で書く必要があります。

 

「Copy Files」にファイルを入れたか

 
no3.png

ダウンロードしたファイルから
「Realm.framework」,「RealmSwift.framework」を入れます。

この時、Destinationは「Frameworks」にする必要があります。

「Embedded Binaries」、「Linked Frameworks and Libraries」に 同様のファイルが入っているか

 
no4.png
Embedded Binaries,Linked Frameworks and Librariesに同様のファイルが
入っているか確認しましょう。
基本的に、Copy filesにファイルを入れた時点で
こちらも自動的に入るはずなのですが、時々?入らないことがあります。

私もこれが原因で、エラーが発生していました。

なかなか気づきません・・・。

それでも直らない場合は、「Clean」をする。

no5.png
それでも、エラーが消えない場合は、タブからプロダクト->クリーンをしましょう。

上の対処法で直したつもりでもエラーが出続けることが多いので
必ずクリーンをしましょう。

おわりに

「Realm」は、とても便利で学習する上でも使えますが、
導入が多少難しいです。

上記の対処法でエラーが消えれば幸いです。

もしも、直らなかったら、realmやxcodeのバージョンを確認しましょう。

それではありがとうございました。

 

       
   
コメントはまだありません

コメントを残す

Swift
xcode、間違えて消してしまったファイルを復活させる方法!

みなさんこんにちは!iPhoneのアプリ開発や、Swiftを学ぶ際にxcodeはとても便利ですよね。 …

Swift
Swift、関数で引数ありなし・戻り値ありなし4種まとめ(備忘録)

 Swiftで関数書いてみた!(備忘録)引数なし、戻り値なし//引数なし、戻り値なしfun …