非常口マークだけではない!覚えておいた方がよい3つのピクトグラムとは?

ライフ
 
非常口マークについて紹介させていただいたのですが、
まだまだ重要なピクトグラムがたくさんあります。

その中で覚えておいた方が良いピクトグラムについてご紹介させて頂きます!

非常電話のピクトグラム

 
 
非常電話のピクトグラム

見た目の通り、
緊急通報などが必要な際に 使用するための非常電話があることを示すマークです。
色などはバラバラですが
主に高速道路やトンネル内に設置されています。

非常電話は、緊急用なので小銭もいらなければ
わかりにくい設計でもありません。

冷静に慌てず状況を伝えることが大切です。
 

非常ボタンのピクトグラム

 
非常ボタンのピクトグラム

電車、駅構内で見かけます。

駅の非常ボタンを押すと1km以内を走行する
電車に異常を知らせます。

人が線路に落ちる等なアクシデントがあれば 迷わず非常ボタンを押しましょう。
悪ふざけでボタンを押さない限り
罪には問われません。

広域避難場所のピクトグラム

 
一見、ここに落とし穴あります!と
伝えるピクトグラムにも見えますねw
このピクトグラムは、
広域避難場所を示しています。

地方自治体が指定した
収容できる人数の多い避難場所のことで
災害時に使用されます。

ちなみに災害時に避難場所までの
移動手段は「徒歩」のみとなっているので
気をつけましょう。

おわりに

ピクトグラムはいくつもの種類があり
意味を知らないと分からないものもありますが、

このような図記号は世界中で同一のルールが存在します。
 
  • 赤→禁止
  • 黄→警告
  • 青→指示
  • 緑→安全
はせ
色でなんとなく覚えられる!

こういったピクトグラムを使った表示は
緊急時が多く瞬時に分かるようなデザインである必要があります。

なので基本的にわかりやすいデザインです。
(ピクトグラムの下に文字で説明があったりする)

今回は、その中でも明確なメッセージが理解できない、
その後の対応が分からないなどのピクトグラム3つをご紹介しました。
ピクトグラムを意識して外出すると
新たなものが見つかり楽しいかもしれません!

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました