超広角レンズ!「EF-M11-22mm」を購入!撮影レビューや商品情報。

EF-M11-22mm カメラ
先日、「EF-M」シリーズの超広角レンズである「EF-M11-22mm」を購入しました。

EOSMシリーズに装着できる「EF-M」の中で、最も広角のレンズです。

今回は、撮影してみた感想やレビュー、
商品情報を書いて行きたいと思います!

「EF-M11-22mm」レンズを購入!

EF-M11-22mm  
今回は、Amazonを利用して「EF-M11-22mm」を購入しました!



2013年に発売され、当時より価格は落ちています(希望小売価格50000円)。

こちらのレンズをもっと安く買おうと一年待ったのですが、
あまり変わらなかったので3万6千円で購入。
EF-Mレンズの中でも非常に人気があるので
今後もこの価格をキープすると考えられます。

EF-M11-22mm  
中身は、保証書とレンズのみです!
レンズキャップは付いてくるのでご安心を。
スポンサーリンク

「EF-M11-22mm」を使って撮影してみた!

今回は、綺麗な写真を撮れなかったので
どのぐらい「広角」なのか伝わっていただければ幸いですw

EF-M11-22mm撮影  
【撮影:EF-M11-22mm】

半端なく広角に撮れます!

開放がF4なので
他のレンズと比べると
背景をぼかしたり薄暗い場所は苦手という感じです。

その一方で、
最短撮影距離は0.15mとかなり至近距離でも撮影できます。
なんと単焦点レンズEF-M22mmと最短撮影距離が同じです。

そんな「EF-M11-22mm」が最も得意とするのが
自然や建造物の景観撮影です。

広大な自然の景色を撮影したいときに、
通常のレンズを使うと全体が写らないことがあります。

「EF-M11-22mm」なら撮りたいものをそのまま撮ることができます。
 
建造物においても同じです。
高い建物や横に広い建物は通常のレンズだと
途切れてしまい、良い撮影ができません。

しかし広角レンズを使うことで建物全体を撮影することが可能になります。
 
 

自撮りにも優れている!

広角レンズとだけあって
自撮りにとても相性がいいのです。
EF-M11-22mm撮影2  
【撮影:EF-M11-22mm】

撮影に失敗して少しボケているんですけれども、
自分と収めたい景色を撮ることができます。

これかなりすごいですよ。

 
【撮影:iPhone】

撮影した位置に立ったままカメラの方を振り返ると
1m程度しか離れていません。

 
【撮影:EF-M11-22mm】

今度は、手を写してみました。

 
【撮影:iPhone】

さすがです。

これなら、撮りたい自然や人工物と一緒に
写ることもできますし、

どこで撮った写真だろう?と悩むこともありません。

魚眼レンズ  
【撮影:EF-M11-22mm 魚眼】

EOSM3の魚眼レンズ機能で撮影してみました!
中々使い道の難しい魚眼レンズ機能

「EF-M11-22mm」のような超広角なレンズだと
魚眼レンズ機能を使うと臨場感のある写真を撮ることができます。

Youtuberやインスタグラマーなども
「EF-M11-22mm」のような広角で撮影できるものを
愛用しています。
 

「EF-M11-22mm」と「iPhone」を比較してみた。

僕が「EF-M11-22mm」を購入する前に広く撮りたいとき
使えるようなレンズを持っていませんでした。

iPhoneのカメラも広角で割と広く撮れます。
画質などは落ちてしまうので仕方なく使っていました。

しかし、「EF-M11-22mm」はiPhoneより広角です!!!

iPhone  
【撮影:iPhone7】

上の画像がiPhoneで撮影したものです。
一方で下の画像が「EF-M11-22mm」で撮影したものです。

EF-M11-22mm撮影  
【撮影:EF-M11-22mm (11mm)】

差は歴然ですね!!

iPhone自体広角なのですが、
EF-M11-22mmの方がかなり画角が広く撮れています。

カメラをより楽しめます!
キットとして販売していない「EF-M11-22mm」。

購入した方がいいのか悩みますよね。
どんな方に向いているのかを見て行きましょう。

「EF-M11-22mm」レンズに向いている人

 

旅行やお出かけが趣味の人

広角レンズなので
旅行先の自然物や人工物の景色を
迫力あるまま撮ることができます。
そのため、旅行や
お出かけの際に思い出としての
ショットに向いています。

大人数で撮影する人

よく大人数の方と写真を撮る機会がある方には、
必要なレンズでしょう。
広角レンズでないと、端の人が切れてしまったり
全員を写せません。



 

望遠レンズの「EF-M55-200mm」か広角レンズの「EF-M11-22mm」どちらがいいか

Canon 望遠ズームレンズ EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STM ミラーレス専用 EF-M55-200ISSTMCanon 超広角ズームレンズ EF-M11-22mm F4-5.6IS STM ミラーレス専用 EF-M11-22ISSTM

 
二つのレンズは全くの別物なので
正直どちらが良いのか人によって違います。

私の場合は、先に望遠レンズである「EF-M55-200mm」を購入しました。
 
個人的の意見ですが、
汎用性があるのは確実に「EF-M11-22mm」です。

望遠レンズは、ポートレートや動物や植物の撮影には適していますが、
自然や人工物の景色を収めるのには適していません。
また、最短撮影距離が100cmなので料理の撮影などにも適していません

そのため、いちいち他のレンズと取り替える必要が出てきます。

それに比べて「EF-M11-22mm」の場合、
超広角で最短撮影距離が15cmなので

料理の撮影から友人とのショット
ポートレートや自然や人工物の撮影まで
非常に幅広く活躍するレンズです。
 
 
Canonの公式サイトにも「EF-M11-22mm」が「初めての一本」
書かれています。

それぐらい汎用性があり
メインレンズとして使えるということです。

なので、特に撮りたいものが無い、
幅広く使えるレンズがいい、メインレンズにしたいと思う方は
間違いなく、「EF-M11-22mm」をお勧めします。
 
逆に、撮りたいものが決まっている、
標準レンズ(EF-M15-45mm)で十分だ。という方は
EF-M55-200をおすすめします。

「EF-M11-22mm」レンズと一緒に買った方が良いアイテムは?

「EF-M11-22mm」レンズと一緒に買った方が良いアイテムは、
  • カメラ用プロテクター(55mm)
  • レンズフード(EF-M11-22mm専用)
です。

間違いなく買った方が良いです。
とても高価なレンズに砂や埃が付着して
傷ついてしまったらレンズが台無しです。

そのため数千円のプロテクターをお勧めします。

また、レンズフードにおいても
フレアやゴースト防止の役割を果たす他、
レンズ頭部の保護にも繋がります。
レンズを落としてしまった際に
レンズフードがクッション代わりとなり
レンズのダメージを減らすことができます。

周辺アイテム  
私が購入したのはこの2点です。
(Amazonでまとめ買い表示で出てきて買ったとか言えないw)






見た目映えもしましたよ笑

EOSM3  
私の愛用のEOSM3です。

めっちゃカッコいいです(*’▽’*)

標準レンズと同じく、
レンズをコンパクトにできるので
持ち運びも楽々です!

ファインダーもいい味を出しています。

買ってよかった「EF-M11-22mm」!

個人的に「EF-M11-22mm」を買ってよかったなと感じます。

今までは、パンケーキ(EF-M22mm)をメインレンズとして使用していましたが、
やはり物足りないと感じることが多かったです。

今後は、この「EF-M11-22mm」をメインレンズとして使用して
サブレンズとして、「EF-M55-200mm」レンズを使っていこうと思います!

最強じゃん(´∀`*)
早く写真を撮りに行きたいなぁ(´∀`*)

EF-M11-22mmの購入を検討している方は、
何を撮りたいのかをまず考えましょう!

ただ、「EF-M11-22mm」は抜群に優れたレンズなので
私はかなりお勧めです笑


最後まで読んでいただきありがとうございました。


 

コメント

  1. […] 超広角レンズ!「EF-M11-22mm」を購入!撮影レビューや商品情報。先日、「EF-M」シリーズの超広角レンズである「EF-M11-22mm」を購入しました。EOSMシリーズに装着できる「EF-M」の中で、最も […]
  2. […] Canon 望遠ズームレンズ EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STM ミラーレス専用 EF-M55-200ISSTM 超広角レンズ!「EF-M11-22mm」を購入!撮影レビューや商品情報。先日、「EF… […]
タイトルとURLをコピーしました