UR22CとiPhoneが接続できないときの解決方法!

ライフ
こんにちは、
昨今、在宅ワークをする方が増えてきましたよね。それに伴い、マイクやオーディオインタフェースの需要が増しています。その中でも「UR22C」は、オーディインタフェースとしては安価なのに高性能ということで非常に人気が高いです。

私も、この「UR22C」を購入しました。とても便利で普段も使用しています。しかし、どうしてかiPhoneに接続できなかったのです。とても苦戦して色々な方法を試しやっと解決できました。

今回は、オーディオインターフェースの「UR22C」がiPhoneに接続できない時の対処法について記していきます。

Steinbergのメーカーである他種の「UR24C」、「UR22Mk2」も同じ方法で解決できる可能性があるのでぜひご覧ください。


「UR22C」とiPhoneのつなぎ方が悪かった

結論から申しますと、UR22CとiPhoneを繋ぐ線に問題がありました
引用:UR22C Startup Guide
公式のスタートアップガイドには、
Lightning-USBカメラアダプタが必要と記載してありました。

私は、iPhoneとUR22Cが線で繋がれば接続ができると思い、このアイテムを用意しませんでした。

私がミスって使ってしまったアダプタ。
Apple USB-C  USBアダプタです。
このUSB3-USBアダプタをUR22Cに取り付けUSBとiPhoneを繋ぐライトニングケーブルを接続しましたが、認識すらしませんでした。

 

Lightning-USBカメラアダプタを使おう

Lightning-USBカメラアダプタを別途購入して接続に使いましょう。

非常に見た目が似ているので間違いやすいですが、
先にiPhoneが繋げられる方(左) を購入しましょう。

私は、下記の商品で接続がうまく行きました。商品も多く間違えて購入するのが怖い方は、ぜひ下記のリンクをご活用ください。


純正しかダメですか?

私は、純正ではない商品を使用しましたが、問題なく接続できました。
純正は、安心して使用できますが、かなり高めな価格です。特にこだわらない方は、安い商品で良いでしょう。

純正のLightning-USBカメラアダプタは下のリンクです。


iPhoneに充電して使いたい。

上記の商品を使用してもiPhoneは給電されません。
iPhoneを充電させながらUR22Cを使いたい方は、下のようなUSB電源給電できるような商品を購入しましょう。



今回の用途以外にも使用したいという方は、こちらの商品がおすすめです。

ハブ、Ethernetアダプタ、オーディオ/MIDIインターフェイスや、コンパクトフラッシュ、SD、microSD用のカードリーダーといったUSB対応周辺機器します。
※ちなみに給電できない方のアダプタを使用するときは、UR22Cの後ろにあるmicroUSB端子から給電する必要があります。

おわりに

これで解決できれば幸いです。

何が原因だったのでしょうか。
Lightning-USBカメラアダプタが必需品だったのか、
それともUSB3.0が必須だったのか。。不明です。

とりあえず解決できたのでよかったです。
余談ですが、iPhoneにURシリーズ対応のアプリがインストールできます。
このアプリを操作すれば、エコーをかけられたり歪みなど調節できます。アプリで他アプリで出力される音声をコントロールできるってとても不思議な感覚です。。。

以上です。ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました