シンガーのライブの撮影・録音は違法ではない?外国は撮影OKなの?

 
こんにちは、今日はふと、疑問に思ったことを書きます。
ライブなどで撮影、録音は禁止されていますよね。
もし、ルールに従わなかったら最悪の場合、退場の措置をとられます。
ですが、罪になる、ならないは一切書いてありません。


ライブの撮影、録音は著作権侵害なの?

実は、著作権侵害にはなりません。

演奏会の録音録画は著作物や実演の複製に該当しますが、
私的使用のための複製は認められています。
なのでこの規定内での複製は著作権侵害にはなりません。
ですが、ライブなどで撮影、録音をすると
複製物が、SNSなどに公開されたり、
また、その映像・録音が売られたりと
なると著作権侵害になる
のでそれを防止するために
規制をしてます。
また、撮影などするとフラッシュや
ライブを集中して見れないなど
会場が混乱してしまうのもあり設けています




日本でも撮影できる?

上記の通り基本的にはNGですが
一部のアーティストは撮影を認めています。
SEKAI NO OWARIは撮影OKです。
外国のアーティストは宣伝のためにも
撮影はOKでSNSに公開なども
許可しているアーティストも多いそうです。







日本でも撮影可の動きがある。








 

海外のアーティストが撮影を許可しており、
日本でも撮影可とする動きがあります
著作権侵害などで禁止されていますが、その背景には
そのアップロードされた映像などで知名度があがり
期待できます。
また、ダウンロードなどが多くなり
CDの売り上げが年々減少していく中で、
ライブなどで満足して、それで収益にしようという
考えもあるそうです。



もしかしたら、もう少ししたら、日本でも撮影OKになるかもしれませんが、僕はあまりうれしくはありません。
というのも撮影などで客席がスマホの明かりだらけだったら
なんだか興ざめしちゃいます笑
僕は、撮影禁止に賛成です!
最後までありがとうございました

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました