『マストドン』とは?Twitterを超えるかもしれない新しいSNS

『マストドン』とは?Twitterを超えるかもしれない新しいSNS

マストドン』という新しいサービスが開始された。
TwitterなどのSNSでも話題になっている。
マストドンはドイツからの新しいSNS。
サービス内容はTwitterとよく似ている。
Twitterでいう『いいね』は
マストドンでは『トゥート』

Twitterでいう『RT』は
マストドンでは『ブースト』という

文字数制限は500文字であり
Twitterの新機能の要望が多かった
ボタンを押さないと続きが読めない投稿ができる
といった機能もある。
Twitterユーザであればすぐに使い方が慣れると思います。
しかし、根本では違います。


Twitterやフェイスブックは、
検索などをかければどこの国の人でもすぐ出てきます。
例えるならTwitterユーザが学校の体育館で集まり
それぞれ絡みたい人と絡むといった形です。
マストドンでは
インスタンスと呼ばれるサーバが
多数用意されており
例えるならば、学校で
クラスごとに分かれており
絡みたい人のクラスに遊びに行くといった形
でしょう。
分散型SNS(マストドンが採用したシステム)の利点

同じ趣味を持つ人を集めやすい。
障害が起きにくい
自分でインスタンス(例でいう学校のクラス)

ちなみに4月7日の時点で約10万アカウントと発表されていたが
約10日後の4月16日には30万アカウントまでに増加
今も増え続けているという。


Twitterなどの大手SNSを肩を並べるSNSサービスになりそうです。
または、Twitterを超えてくるかもしれません。
Twitterもよりユーザを確保するために対策を練らなければいけないかもしれないですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました