y.u mobileが圧倒的におすすめな理由とは。携帯会社(格安 SIM )の中でダントツの安さ。

ライフ

今や一人に一台、スマホを持っているのが当たり前となっていますが、
スマホを買った際、併せて回線も契約すると思います。
プランが多く、4Gや5G、格安SIM等種類も多くて迷ってしまいます。

大手キャリアは、もちろんスピードについては申し分ありませんが、
他キャリアと比べて高めな価格設定です。

人によっては回線速度を求めない方もいると思います。
というか、回線速度はある程度必要ですが、ある一定の速度から端末スペックに依存しますので、回線から違いが分からないと思います。

自宅や勤め先の往復で、どちらにもWi-Fiがあり、回線速度を重視しないという方に
おすすめなキャリアをご紹介します。

▼筆者のキャリア歴

●2013年 ソフトバンク
20GBプラン 月額:10,000円程度(スマホ代含)
●2018年 楽天モバイル
5GBプラン 月額:2,000円程度
●2020年 楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)
無制限(パートナー回線2GB) 月額:無料
●2021年 povo
●20GB 月額2,000円程度
2022年〜 y.u mobile povo (デュアル回線)
5GB 月額800円

「y.u mobile」がおすすめな理由

y.u mobileは、ヤマダ電機(現・ヤマダホールディングス)と
U-NEXTとの合弁会社として設立されました。
現在は、Y.U-mobile株式会社として個人向けMVNOサービスの提供・販売をしています。

シンプルと満足を追求することをモットーに格安SIMとしてサービス展開をしています。

そんなy.u mobileがおすすめな理由は、価格と内容とキャンペーンです。

価格について

様々なプランがありますが、私の加入プランは、
データSIM 5GB 800円/月 です。
他のプランは下記リンク参照してください。
プランと料金

一回線の方は、音声回線SIMで通話やSMSなどをすると思います。
デュアルSIMだと、音声SIMとデータSIMを別キャリアにします。

私は、povoで音声SIMを契約しています。通話やSMSを利用した分は料金はかかりますが、あまり通話をしない私にとっては、0~300円程度です。

そのため、データSIMでy.u mobileを使用しています。
音声SIMで同様のデータプランだとしても、月1,070円と破格です。

内容

通常のキャリアだと、満期を迎えて余っているデータ容量は消滅します。
つまり、月20GBプランに契約して、たまたま10GBしか使わなかった月があったら
翌月には残りの10GBは消滅しているということです。

しかし、y.u mobileは、最大100GBまで貯蓄できます。
5GBプランで3GBしか使わない方は、1年で24GB貯まるわけです。
旅行のときは、データ容量を多く使用すると思いますが、
その24GB + 当月5GBが使用できるわけです。

しかも、データチャージ料金も安いです。
10GB 1200円です。チャージ分のデータも100GBまで貯蓄できるので
たとえ、チャージ分全て使えなくても翌月使えます。

y.uモバイルを使用して1年余り経った、
私の余っているデータ量は46.5GBです。

これは、データチャージをしたわけではありません。
普段から5GBに満たない月があるので、それで溜まった分と、キャンペーンによってこれだけ溜まりました。

そのキャンペーンについては、次項でご説明します。

キャンペーン

加入当初は、ここまでキャンペーンが多く、ユーザに対して手厚いキャリアだと思いませんでした。

①y.u モバイル2周年記念で1200ポイントプレゼントキャンペーン
SNSレビューによって1200ポイント(データ10GB)をいただけました。

②長期継続利用特典
一年継続で10GBをプレゼントされます。

③クリスマス企画 24GBプレゼント

このように、たった一年でデータ量のプレゼントが余るほど貰えました。
そのためデータチャージを利用しなくとも、毎月5GB 800円プランで事足りるわけです。

おわりに

y.uモバイルはコスパの良さとユーザーファーストのサービスを提供しており
非常に評価できます。

格安SIMのため繋がるエリアは広く、
楽天モバイル時代に経験した、圏外の嵐はありません。

格安SIMは、回線混雑時に低速になりますので
y.uモバイルも昼時や夕方は混雑すると思います。
あまり、その時間に回線を利用しないため低速感は分かりませんが、
Spotifyや、Googleマップ、Youtube等は全くもって問題なく利用できます。

興味があったらぜひ調べてみてください。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました