B612が起動しない時に試すべきこと。アプリを開いてすぐ落ちるときは?

今回は、B612が起動しない時に試すべきことを記します。

アプリが立ち上がらなくなるという事象が2023年7月に発生し、その不具合が直った方法について記します。

B612が起動しない時に試すこと。

アップデートを行う。

AppStoreより、「B612」と検索をしてB612の詳細を開き、最新のバージョンになっているか確認をしましょう。

最新になっていない場合、下の画像のように「アップデート」と表示されているので、アップデートをしましょう。

B612が起動しない

それでも改善しない場合

基本的には、既知なバグであり修正版が出ているのであれば更新すれば直りますが、それでも直らない場合は、お使いの端末が最新になっているかを確認しましょう。

端末の電源を再起動や、アプリを一度消してインストールしてみるというのも試みてはいかがでしょうか。

2023年7月の不具合について

B612が開けない、開かない、立ち上がらない、使えない等不具合が起きている利用者が多いようです。

AppStoreにて、B612の2023年7月28日にバージョン12.2.6が公開されました。これにアップデートすることで、アプリが起動した直後に落ちるという不具合は解消されました。

おわりに

私は、アプリを自動でアップデートを有効にしていますが、中に自動で更新されないものがあります。(タイミングなのかパッチはあたらないのか、Wi-Fi接続時にのみ設定しているからか不明です。)

互換性の問題やセキュリティ、煩わしさの面から自動アップデートが推奨されていますが、最新版に含まれる確認されていないバグや不具合により正常に起動できなくなる、ゼロティといったリスクや不意なデータ通信があるため手動でのアップデートにもメリットを感じます。

今回は、自動にアップデートしているのに、アップデートがあたらなかったためアプリが起動しないという不具合が発生しました。自動アップデートに設定していて同じような不具合が発生した方も一度確認してみてはいかがでしょうか。

ストレスを緩和するGABAサプリのご紹介。

ギャバ(GABA) とは、天然アミノ酸の一種でγ(ガンマ) アミノ酪酸です。
抑制性の神経伝達物質であるため、副交感神経を優位にするためリラックス効果があり、またストレスを緩和するという効果があるとされています。

ギャバ(GABA) 30日分
DHC(ディー・エイチ・シー)
¥972 (¥32 / 粒)(2024/06/20 08:10時点)

GABAは、食事(サプリ等や植物、動物)から摂取し、脳腸相関の働きにより脳内のGABA受容体の活性化するという報告がなされており、また腸内環境にはうつ病などメンタルとの関連があるとされています。

DHC ギャバ(GABA) 30日分 -Amazon

GABA関連で、江崎グリコの機能性表示食品であるGABAチョコレートも有名です。

ストレス社会で、異常気象の気温差、さまざまな要因で自律神経が乱れたりしがちです。こういったサプリがあると、やはり調子が安定するものです。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました